南足柄市で探偵にパートナーの不倫相談を行い尾行調査して報告してくれます

MENU

南足柄市で探偵事務所が不倫相談の調査で始動するフローと中身

不倫の調査を探偵事務所のフリー相談でお願いして、調査内容を伝えて査定額を出させてもらいます。

 

調べ方、調べた内容、見積り金額に同意したら正式に契約を結びます。

 

実際に契約を結んだら調査を進めさせていただきます。

 

不倫の調査は、通常2人1組で行っていくことが通常です。

 

ですが、依頼者様の要望を応じひとかずを順応させるのが問題ありません。

 

探偵事務所に不倫に関する調査では、リサーチの間に報告が入ってまいります。

 

これによりリサーチの進捗具合を理解することが実現できますので、ほっとしていただけると思います。

 

 

私どもの事務所の不倫の調査での契約は日数が決められてあるので、規定の日数分の不倫の調査が完了しまして、全内容とすべての結果内容をまとめましたリサーチした結果報告書をもらえます。

 

調査した結果の報告書には、詳細にわたり調査内容について報告されて、現場で撮影された写真なども入ってきます。

 

不倫調査の後、訴えを生じるようなケースには、これらの不倫の調査結果の調査した内容、画像はとても大切な証となるでしょう。

 

不倫調査を我が探偵事務所へ求める狙い目としては、このとても大切な明証を手に入れることにあります。

 

もしも、調査した結果の報告書で中身で納得できない場合は、調査続行を申し込むことも自由です。

 

ご依頼された調査の結果報告書に納得していただいて取引が完遂した時、これらで今回の不倫の調査はおしまいとなり、大切な不倫調査データは当探偵事務所が処分します。

南足柄市の不倫相談の後に探偵が決定的な証拠を裁判所に提出可能です

不倫の調査といえば、探偵事務所を想像されますね。

 

「探偵」というものは、相談者様の不倫調査依頼を受けて、周辺の聞き込み、ターゲットの追跡、見張りの方法を使い、依頼されたターゲットの居所や活動のインフォメーションをかき集めることが主な業務としています。

 

当探偵の探偵調査内容は多種多様でありますが、多いのは不倫の調査です。

 

不倫調査は格段に多いのですよ。

 

秘匿が重要とされる探偵の業務は不倫の調査にはピッタリ!といえますよ。

 

探偵に不倫調査を依頼したら、その道のプロならではの情報、技術等を駆使し、依頼人様が求める確かな情報や証拠を集めて報告してもらえます。

 

 

不倫調査のような仕事は、昔まで興信所に依頼が普通でしたが、前と違いまして結婚する相手の身元や会社の雇用調査等がほとんどですので、一般的な探偵業のような影で調査ではなく、標的の相手に興信所というところから来た調査員という事を言います。

 

しかも、興信所の調査員はそれほど詳しく調査をしません。

 

親しい知人へ様子を聞き込みするだけということもちょくちょくあるようです。

 

現在の不倫調査依頼は、目標に気付かれないように身辺を洗ってしてほしい依頼が多くあるので、興信所よりも探偵の方が向いていますね。

 

私立探偵社に関する法律は以前は特に制定されていませんでしたが、ごたごたが発生したことから平成19年に探偵業法が制定されました。

 

なので、所定の届出をしなければ探偵の仕事が不可能です。

 

そのために信用できる業務が行われていますので、安心して不倫の調査を頼むことが可能です。

 

不倫問題の可能性があった時ははじめは探偵を営むものに話をすることをすすめたいと思ってます。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

南足柄市で探偵に不倫を調査する依頼した時の出費はいかほど?

不倫の調査でおすすめなのは探偵での依頼ですが、手に入れるためには証等を脱毛に納得がいかなかった場合に、有効度合いで、費用は高くなる動向にあります。

 

ただし、ご依頼する探偵事務所などにより費用は異なりますので、いろいろな探偵の事務所があるならその事務所ごとで値段が違っているでしょう。

 

不倫の調査の場合は、行動リサーチとして探偵員1人当たりに一定料金がかかります。調査員の人数が増えるとそのぶん調査料がそれだけ高くなります。

 

調査には、尾行だけ、調査結果のみの簡易的な調査と、予備的な調査、探偵用の特別機材、証拠のVTR、報告書で提出する基本的な調査があります。

 

行動調査のかかる費用は、60分を一つの単位と定められています。

 

決められた時間を過ぎて調査をする場合は、延長があらためて必要になってきます。

 

尚、調査する人1名分ずつ60minで延長費用が必要になります。

 

 

別に、自動車を使ったときには代金が必要になります。

 

1台×日数あたりで定めています。

 

車両種類によって費用は変わるのです。

 

それと、交通費やガソリンや消耗品等探偵調査にかかる諸経費もかかります。

 

あと、その時の現場状況になりますが、探偵特有の特殊機材などを使うときもあり、さらにの料金がかかる場合もあります。

 

特殊な機材には、暗視カメラ、カムフラージュカメラ、ピンホールカメラ、携帯電話機、監視するためのモニター色々な機材が使えます。

 

当探偵事務所では色々な特殊機材を用いた高いスキルで問題解決へ導くことが可能なのです。